ソフトボール

壮年リーグ初戦を終えて

小生が監督になって初めての公式戦となった2016年の壮年リーグ第1戦の試合は、特に緊張感はなかったが、試合前に義務審の主審をやった関係で、ゲームプランを考えるなどの時間的な余裕が全くなかった。
そんな中で試合に入ってしまったので、自分自身が精神的にバタバタしてしまったことは否めない。

試合は最終回のサヨナラ負け(泣)。
それも、せっかく一度は5点差をつけてひっくり返したのに、1アウトも取れずに6点とられ、あっけなく逆転負けを喫してしまった。
監督の投手起用に問題があったのだろうと、小生自身は大いに反省しているが、やっぱり上中条ソフトボールの課題は守備の育成であることを痛感させられた。
相手に与えた四死球の数が計15。正直、これで勝つのは厳しい。

また、守備のエラーが計4つ。
肝心なところで審判のジャッジにも左右された部分はあるものの、エラーが勝負どころで出てしまった。やっぱり守備のほころびは、失点につながってしまう。
次から大池小学校で試合をする時は、ファースト、セカンド、ライトの守備はサングラス着用が必要かもしれない。

勝てる試合を落としたという意味でも、とにかく守備の育成を痛感したので、次の試合以降も思い切った選手起用をしていきたい。

初戦からいろいろと周囲から指摘も受けたが、新米監督としてはすべてが勉強である。
まだ今年のリーグは始まったばかりなので、壮年リーグの試合を通じて、チームのメンバーと一緒に成長していきたいものである。

■壮年リーグ試合 対大池M戦  平成28年2月21日(日) 大池小学校

  上中条 20018  11
  大池M 00606× 12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年の壮年リーグが終わる

今年はずいぶん遅い時期まで壮年リーグの試合が行われたが,ようやく12月20日に最終結果が定例会で報告された。

結果の詳細は,こちら

我が上中条ソフトボール部の今季の順位は,残念ながら2勝1分13敗16位であり,辛くも最下位を逃れたという状況である。

ただ,審判数は計10試合で,壮年リーグで最も多く貢献することができた。
定例会で表彰され,賞品としてボールを6個もらうことができた(^_^;)
義務審はチームの協力がなければ成り立たないので,チームのメンバーには感謝しなければならない。

今季,試合が12月下旬まで終わらなかったことを踏まえ,来季の壮年リーグの開幕戦は,いつもより早い新年2月14日となる。
2月中旬というと,まだまだ寒い時期であり,あまり歓迎できないが,致し方あるまい…。

そして,先日行われたチームの納会では,皆で1年間の頑張りを労うとともに,来季の更なる飛躍を誓った。

しかし,今年度の我チームは,役員人事等のもめ事もあって,シーズン途中で監督が辞める辞めないのゴタゴタ等もあって,結局最後まですっきりしない一年に終わってしまった感がある。

来季は,ぜひ「育成の一年」を目標に,チーム全体で楽しく練習や試合ができるよう,違ったチーム作りをしていければいいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期監督への悩み

年末になると,毎年のように上中条ソフトボール部の次期監督問題が話題になるのであるが,今年はいつにも増して大きな話題となってきた。

現在「監督補佐」として渦中にいる小生は,相変わらず仕事が多忙だというのに,いろいろ悩まなくてはならず,何だかしんどい。

本当に,監督を引き受けるべきなのかどうか。
小生が監督就任を躊躇する大きな理由は,けしてチームのメンバーに信頼されているわけではないということがある。
たぶん,他に適役がいないからという消極的な理由から,小生に次期監督をということなのかなと思っている。

今になって思えば,今年の正月に役員人事を決める時,なぜ小生が「監督補佐」などという中途半端な役をやることになったのだろうか。

小生は今年になって,試合で何度か監督代行をやる機会があったが,プレーをしながら監督をするのは,正直なかなか難しいと感じた。

しかし一方で,小生は監督だけをやるには,まだまだ若すぎる。
今年の試合では,監督があまり小生を使ってくれないこともあるかもしれないが,もう少しプレイヤーを続けたい気持ちが強い。

ということで,小生の他に誰か監督をやってくれる人はいないのだろうかといことになるのであるが,適任者がいないのである。
小生に比べると,よほど野球に詳しく年配の人が何人もいるのにもかかわらず…。

そんなことも踏まえての話ではあるが,もし次期監督を引き受けるとすれば,来季の目標としては,まず「チームの育成」をめざしたいと思っている。

今の監督のやり方とは正反対になると思うのだが,勝つためのソフトボールではなく,持続可能なチームをめざして,一体感のある風通しの良いチームで戦えるソフトボールをやりたい。

いわば,コミュニケーション・ソフトボールである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壮年リーグの連敗が止まらない

猛暑だった8月も,ふと気づけばあと数日である。

しかし,上中条ソフトボールの調子がいつまで経っても上向かない。

先週の試合は,大池Gさん相手に0対12。 まったく散々な結果である。

■壮年リーグ試合 対大池G戦  平成27年8月23日(日) 大池小学校

 大池G 3 4 3 2  12
 上中条 0 0 0 0   0

壮年リーグ屈指の好投手の前に,ほとんど打てない上に,我がチームのエースは13四死球。
ここ数試合,同じことを繰り返しているのが実態であるが,とにかく話にならない。

監督代行の小生としては,先発ピッチャーには四球3つで交代だと告げていたのであるが,いかんせんピッチャーを交代したくても選手がおらず,ピッチャーを替えることができなかった。

采配をふるう小生の責任だと痛感するばかりだが,残念ながら今の上中条ソフトボールには勝てる要素が見つからない。

小生自身も,早く二塁手の後釜を育てないといけないと思っているのだが,やはりピッチャーだけでなく,それぞれのポジションに複数のプレーヤーが必要だと感じることが多い。

壮年リーグは試合日が限られるので,どうしても試合は重なるし,人数がある程度揃っている時は,極力試合を組むことが求められる。
それを考えると,普段から複数ポジションを守れるプレーヤーを確保しておかないと,なかなか試合に勝つことができないだろう。
もちろん,小生自身も複数ポジションを守れるように練習しておきたいところである。

いずれにしても,上中条ソフトボールは,ここ何年かの間,少し先を見据えた練習をサボってきたツケが回ってきたのだと感じている。

メンバーはみんな,いつまでも若くはない。

かくいう小生だって,年齢的にはそろそろ控えに回る日は近いだろう。
それくらいのことは自覚しなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015壮年リーグソフトボール:第2戦で初勝利

今年の冬は天気の良い日が少なかったが,3月になっても晴れは続かない。

一昨日は結構雨が降って,ホームの養精中学校のグランドはぐちゃぐちゃだったので,試合は順延かと思っていたが,庄栄小学校のグランドは水はけが抜群で,全く問題なく試合ができた。

第2戦は福井さん相手の試合だったが,かろうじて10-7で勝つことができた。

それも,最終回の逆転勝ちで,何とか片目が開いたといったところである。

福 井 50002 7
上中条 00406 10

試合内容は,前回同様に1回表に5点を献上し,最終回まで4-7で負けていた。
うちのエースのピッチングは良かったと思うが,守備が足を引っ張ってしまった。

本当に勝ってやれやれである。

けが人続出のため,いつもと守備が大幅に変更されたので,仕方ない部分はあるのだが,外野がうまく機能しなかった感がある。
3人の打者に本塁打が出て,監督は打ち勝ったと総括したが,小生としては,果たして本当に打ち勝っただろうか?という試合であった。

次の相手はまだわからないが,とりあえず一つ勝って,少し勢いが出てくれればいいのだが…。

*****

いつもラストバッターの小生の役割と言えば,上位打線につなぐことだけである。

とりあえず,四球でも何でもいいので,塁に出ることを心がけている。
ともかく,小生にとって大切なのは,打率より出塁率である。

目標が小さいと言われそうだが,今のチームにとって十分年寄りの小生としては,今年は何とか四球の数を増やすことが目標である。

自分でも,タイムリーヒットを期待するより,とにかく出塁することだと思っている。
打点より,得点にこだわりたいところである。

しばらくは,朝練の時にいろいろ確認しながら,次の試合に臨みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015壮年リーグソフトボール公式戦が始まる

早くも2015年の壮年リーグが開幕した。

2月はまだまだ寒い日が続くので,正直なところ試合などやりたくないのだが,2月にスタートしないと全試合をこなせない状況なのである。

そんな開幕戦は,去年は比較的楽に勝てた郡山さんが相手だったが,今年は2-15と見事に完敗だった。

 郡 山 30174 15
 上中条 01001  2

1回の3点は,主に打たれた結果なので仕方ないと思うが,3回以降の点はいずれも先頭打者の四球に始まり,その後簡単に四死球を連発して,ランナーを溜めたところで長打を食らう悪いパターンだった。

特に先頭打者の四球は,守備をしている者にはつらい。
いきなり悪いリズムで守らなければならず,どうしてもエラーも出やすい。

逆に,背番号11の相手投手には,多少荒れ球はあったものの,速く重い球で攻められ,加えて落ちる球,曲がる球があり,なかなか打てる投手ではなかった。

こういった試合は,少なくとも接戦に持ち込まないと勝機はないと思う。

*****

小生については,1回表の守備で2塁ベース後方の飛球を追いかけたが,最後グラブに当てたものの落球。
もう少し落下点に早く入れていれば捕れたのが悔やまれる。

2回裏の攻撃では,1死満塁で打席が回ってきたが,相手投手の急速に押されて,詰まった3塁ゴロに終わった。
2打席目も内野ゴロだったが,これは相手投手が一枚上手だったので,仕方がない。

力不足だといわざるを得ないが,小生としてはこんなもんだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトボール壮年リーグ2014の結果

平成26年度のソフトボール壮年リーグが年末ぎりぎりの12月21日に閉幕した。

毎年のことではあるが,12月ともなると,ソフトボールの試合をやるような環境ではなく,もう少し早くシーズンを終えられるようにならないものだろうかと思ってしまう。

特に小生の場合,寒くなると腰痛のリスクが高まるだけでなく,もともとケガをしやすい身体なので,ケガの確率がかなり高くなることが経験上わかっているだけに,極力試合は避けたいと思っている。

そして,壮年リーグ戦の結果は8勝8敗で,17チーム中で9位。
今年もちょうど五分の成績であったが,チーム力からいうと,十分な成績だと思う。

★平成26年度 茨木壮年ソフトボールリーグ戦 成績表
 http://homepage1.nifty.com/wanpaku/softball/2014sounen_final.htm
 (※ファイルのダウンロードは → こちら

小生としては,目先の勝敗も大事なことではあるが,もう少し先を見据えた持続可能なチーム運営をすべきだと感じている。

平成27年度についても,例年どおりいちばん寒い2月開幕となっているので,気をつけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年ぶりに勝利

今年の壮年リーグも大詰めを迎え,我が上中条ソフトは一昨日の日曜日に,強豪・中条戦があり,監督不在のもとではあったが,16対11で逆転勝ちした。

小生のつたない記憶では,中条戦の勝利は4年ぶりではないかと思う。

その試合だが,1回表に1点取った後,1回裏にいきなり大量11点を取られた。
相手チームの鋭い当たりのヒットと外野のエラーが交互に重なり,あっという間の大量失点であった。

いつまで経っても終わらない相手の攻撃に,いつになったら終わるのか,20点くらいは取られるのではないかと,さすがに嫌になったほどである。

ただ,2回以降は上中条も持ち直し,ついに3回表には相手投手の不調につけ込んで,効果的なホームランやヒットの連打もあって打線がつながり,一挙に12点を入れて逆転することができた。

信じられないが,あっという間の“いけいけどんどん”だった。

小生自身も,雰囲気に乗り遅れないようなタイムリーが1本打てて,やれやれであった。

そして,試合が終わってみたら,16対11ということで,粘り勝ちといったところだろうか。

こういう試合ができれば,もう少し勝率が上がってくるかもしれない。

 上中条 101203  16
 中 条 110000  11

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半年ぶりのソフトボール公式戦

昨年の反省を踏まえ,ソフトボールについては今年1月から休部し始めた小生であるが,壮年リーグの試合人数が少ないとのことで急遽召集がかかり,昨日の試合に出場することになった。

試合相手が強豪の東さんということで,かなり厳しい試合内容を予想していたが,実際4回までに48とリードされ,勝利は難しいかと思った。

しかし,4回裏に一挙5点取ってサヨナラ勝ち。
試合終了後は、大いに盛り上がった。

  東  3401  8
 上中条 2115× 9

強豪チームの東に勝つとは,本当に驚きの勝利である。

ただし,その代償として,今日は久しぶりに激しい腰痛に襲われ,歩くのもつらいほどだ。

もっと腰を鍛えるべきなのか,それともきちんと腰を治療するべきなのか。

いずれにしても,こんなことを続けていると,そのうちにソフトボールができない身体になることは間違い無さそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族感謝デーの開催

昨日の午後は,上中条ソフトボールで恒例の「家族感謝デー」が開催された。

小生は,毎年家族の参加が得られないので,単独での参加であるが,選手と家族関係で総勢20名ほどが集まり,BBQをやりながら,皆でわいわいと楽しく過ごした。

幹事さんにはいつも苦労をかけるが,11月末ではあったが,天気にも恵まれ寒くもなく,たまにはこのような場で皆がコミュニケーションをとることはいいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧