健康

初めてのぎっくり腰の発症と経過

■ 2月24日

ソフトボールの試合に出た日曜日こそ腰の痛みはなかったのだが,一晩明けて,激しい腰痛に襲われた。
それも,これまでに経験したことのないほどの激しい腰痛である。

さすがにこの状態はまずいと思って,仕方なく久しぶりに整骨院へ治療に行くことにした。

整骨院で腰の状態を見てもらうと,すぐに「ぎっくり腰」だという診断が下った。
自分がぎっくり腰になるとは思っていなかったので,非常にショックを受けた。
いったい何が原因でぎっくり腰になったのだろうか…。

腰や下半身の筋肉をマッサージしてもらったら,筋肉が非常に固くなっているので,これではぎっくり腰になっても不思議ではないとのことであり,もっとストレッチなどにより,筋肉を和らげることが必要だと言われた。

ぎっくり腰は,とても短期間では治らないだろうと思うので,またしばらくはソフトボールから遠ざかることになりそうである。

本当に情けないという言葉しか浮かばない。
このまま,どんどん落ちていくしかないのだろうか…。

■ 2月26日

月曜日にぎっくり腰を発症してから,今日で3日目である。

昨夜も整骨院に通い,治療は続けているものの,依然として腰の痛みはひどい。
晒を巻いているせいで多少は痛みが軽減されているように思うが,立ったり座ったりするのがつらい。
特に,座った後に立つ,あるいは歩くという行動に移ると,本当につらい。

今までぎっくり腰になった人の話はよく聞いてきたが,まさか小生自身がぎっくり腰になるとは夢にも思わなかった。
こんなにつらいものだとは知らなかったが,とにかく自分がそれだけ年老いたということであり,情けない。
年齢相応以上に,小生が老け込んでいるのだということを自覚しなければならないようだ。

本来ならば,ゆっくりと自宅静養できれば良いのだろうが,仕事が忙しいために,それもままならない。

しばらくは,整骨院通いが続きそうである。

■ 2月27日

ぎっくり腰を発症して4日目になり,ようやく腰の痛みが少しだけ軽くなり,歩く際に足を踏み出しても,腰に電気が走らなくなったようだ。

鍼を2回打ってもらい,サラシをかなりきつく巻いて,何とか少し改善したといったところであるが,治療の時間もお金も,実にもったいない…。

次から次へと,いろんな部位を痛め,身体中が軋んでいるような感じで,昔元気だった頃がどのような状態だったのか,正直忘れてしまった。

本当に,先は長くないなと感じることが多くなった。

■ 2月28日

5日目で,また少し腰痛は軽減されてきたような気がする。

とは言っても,サラシはしっかりと巻いて,腰を固定している。

今週は,できるだけ腰を曲げ伸ばしせずに過ごしているため,足もほとんど曲げ伸ばししていない。
かなり足の筋肉が衰退している気がしている。

ともかく,どこかが悪くなると,連鎖的にいろんな部位が衰えていくというのも,まさに老化現象であることを痛感している。

■ 3月10日

ぎっくり腰を発症してから2週間が経過した。

1週間で普通に歩けるようになり,それから1週間経って,ようやく整骨院の先生から運動解禁の命が出た。

とは言っても,まだまだ腰は痛いので,けっして無理はできないが,一昨日の午後2週間ぶりに宮さん(沢良宜神社)まで往復5キロ,ゆっくりジョギングしてみた。
特に下半身がなまってしまっていたので,久しぶりのいい運動ではあったが,やはり腰の状態はかなり良くないようだ。

今年は,3月にしてはまだかなり寒いので,もう少し暖かくなるまでは油断せずに過ごさなければと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体中がボロボロ?

最近,朝目覚めたときに自分の身体のいろいろな所が痛いことに危機感を覚える。
とりあえず,上から順番に挙げてみる。

1.右肩・左肩

 鎖骨を骨折した右肩はもちろん未だに回復せずに痛みが残っている。
 その上,左肩は右肩をケガする前から,五十肩の痛みに苦しんでおり,2年経っても治らない。

2.腰

 腰を痛めてから,いったい何年経つのだろう。
 最初にヘルニアだと診断されて以来,季節にかかわらず,常に痛みを抱えている。
 痛みの度合いは日によって異なるが,残念ながら快調だと思えたことがない。
 今では,特に治療することもなく,ほったらかしになっているのも良くないに違いない。

3.右股関節

 右足の股関節を痛めてから,もう半年になるだろうか。
 最初はすぐに治るだろうと思っていたが,少しずつひどくなっているような気がする。
 去年の夏祭りの頃には痛みはなかったのだが,今では正座も痛いし,あぐらはかけない状況にまでなってしまった。
 畳の上に座れないので,今年の夏祭りではかなり苦労しそうだ。

4.右の脛

 脛というより右足首の上部に,最近痛みが走るのが新たな心配の種である。
 単に歩いているだけでは痛みがないが,ランニングすると痛みが走って,右足が重たくなる。

上記1~4の痛みは,いずれもかなりつらい痛みになっている。

これだけ常に身体中に痛みがあるため,ランニングやソフトボールなどの運動をしようという気持ちの妨げになっている。

昔の自分からすると,考えられない状態である。

こんなボロボロの身体で,小生は真剣に60歳まで命がもつのだろうか…と心配になる。
ボロボロの身体を引きずって,毎日を過ごしている状態は,本当につらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰痛の悪化

8月の終わりから週末は悪天候続きだったが,この3連休は久しぶりに秋らしく晴れた。

そして日曜日,上中条ソフトの練習も久しぶりに行われ,今の小生にできるだけ目一杯体を動かした。
息子の文化祭を見に行くため,久しぶりの壮年リーグはパスしたが,夕方にはいつものコースを5キロのランニング。

それだけでも結構な運動だったが,夜になって嫁さんを連れて「麦音フェスト2013」に出かけ,南グランドを歩きながら,何種類かの地ビールを味わった。

たぶん,それらがかなり腰に負担を与えたのだろう…。

次の日に起きたら,久しぶりに本格的な腰痛に襲われていた。

痛いのを完全に通り越して,めちゃくちゃにつらい。
じっとしていても,座っても立っても,腰にはとにかく激しい痛みである。

特に朝晩の長時間通勤は,本当に堪える。
あまりの痛みに,額から冷や汗が出てくるほどである。

つらい日がしばらく続きそうな気がする…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばね指の状態:ようやく治りつつ…

ばね指(靭帯性腱鞘炎)が発症してから約20日になるが、2回受けた患部へのステロイド注射の効果か、あるいはできるだけ動かさずにいたのが良かったのか、症状がようやく和らいできた。

まだ完全に治癒したとは言えないが、違和感や痛みがなくなってきているので、やれやれである。

ただ最近、毎朝起きた時に両手とも指がこわばるのが気になっている。
どの指も、起きてからしばらくの間は動きが悪い。

これが単なる疲れから来るような症状であれば良いのだが、リュウマチの症状でもあると聞いたので、いやはや心配である。

今年はとにかく、次から次へと体のあちこちにいろんな悪いことが起き、本当に困ったものだ…(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばね指の状態(その後)

今週月曜日にステロイド注射の処置を受けたばかりの「ばね指(靭帯性腱鞘炎)」の状態については,病院で処置をしてもらってから日にちが経ち,少しは改善するかと期待していたが,痛い処置を受けたにも関わらず,改善どころか日増しにひどくなりつつある…(泣)

相変わらず,右手親指の関節は曲げにくく,曲げるたびに関節が外れるような感覚に襲われ,単に靱帯に引っかかるだけなら良いのだが,患部で炎症が起こっているだけに,痛みを伴うのがつらい。
動かさずにいると良くないのだが,動かせば痛みを生じる最悪の状況だ。

ここまで悪くなると,やはり抜本的な処置をしてもらわないと治らないのではないかと思うのだが,再度注射を打つか,下手をすると,またメスを入れなければならないような気がしてきた。

既に右肩は相変わらずの障害を抱えているし,右半身がボロボロである。
真剣に,良くなってくれないかと祈るばかりである…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は右手の「ばね指」!

右肩をケガして以来,右手の親指と人差し指に何となく違和感が生じ,思うように力が入らないなどの障害を感じていたのだが,先週中頃から,いよいよ親指の違和感が関節に痛みを伴うようになり,うまく指が動かせなくなってきた。

あまりに痛みがひどくなってきたため,これはまずいぞと思って,とうとう今日の朝整形外科に駆け込んだ。

検査の結果,主治医によると骨には異常がなく,「ばね指」(弾発指)という病名の靭帯性腱鞘炎だと診断された。
資料によると,主に女性がかかる病気らしいし,そんなに親指を使い過ぎるようなこともないので,なぜばね指になったのか,全くわからないが,本当に次から次へと調子が悪くなっていく。

小生の場合,50歳を超えてからは,それが顕著に現れている。

病院で患部に痛いステロイド注射を打ってもらったが,とにかく痛い。
これでしばらく様子見するそうだが,もし痛みが和らがない場合は,手術をするしかないらしいので,何とか薬が効いてくれたらと祈るばかりだ。

次から次へと,いったいどうなるのだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れが抜けない

ここのところ,熱帯夜の寝苦しい夜が続いている。

昨日の日曜日も最高気温が34度まで上がり,夏祭りが1週間ずれていたら,果たしてどうなっていたことかと,正直なところ胸をなで下ろしている。

14日の夏祭りから早1週間経ったのだが,今年はこれまでにも増して全く疲れが抜けない状態である。

これまでなら,長くても4~5日で通常の状態に戻っていたかと思うのだが,今年は1週間経過した昨日も,朝は起きれないし,日中も疲れで何度もベッドで横になっていたという有様である。

本当に情けない限りであるが,ぐったりという言葉がぴったりなのである。
いつから,こんなに体が弱くなってしまったのだろうか…。

これではいけないと思い,少し日の陰った午後4時頃からランニングに出たのだが,とにかく暑くて,自分でも熱中症になるのではないかと心配になり,結局途中からはウォーキングに切り替えたほどだ。
もう若くはないのだから,無理は禁物だ。

ランニングの途中で,いつもリハビリでお世話になっているB先生とご家族にばったり遭遇し,去年の夏祭りで乗子を務めた先生の娘さんにも声をかけた。
彼女も来年は中学生になるので,小学生とはまた違った夏祭りを体験してくれることだろうと思う。

とにかく,みんな頑張ったそれぞれの夏祭りが終わり,子どもたちにとっては,いよいよ夏休みの始まりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠せない体の衰え…肩痛に腰痛

先週土曜日に,茨木神社で夏祭りの「第1回奉仕者会議」が行われ,いよいよ今年も夏祭りの準備が本格的に始まった。

会議の後は,いつものように直会があって,さらに打ち上げにも参加したため,深酒の上寝たのは深夜となった。

そして翌日曜日は,参加人数が少ないということで,約半年ぶりにソフトボールの試合に出場する羽目になり,少しの守備と代走ではあるが,グランドに立った。
特に代走では,結局1塁からホームまでダイヤモンドを一周した。

久しぶりの試合を通じて,自分自身にとっては,まだ試合にはとても出られる状態ではないことを痛感させられた。

また,まともに試合に出ていないというのに,どうやら足首を痛めたみたいで,何とも情けない限りである。全く話にならない…。

朝の練習時から,前日の飲み過ぎと睡眠不足でしんどかったが,試合後は疲れた体で,そのまま夏祭りの資料作成に突入した。

資料作成は夜7時過ぎまで続き,それから有志で飲みに行ったので,家に帰ったのは,当然ながら午前様であった。

翌日からも夏祭りの資料作成は続き,連日夜遅くまでかけて資料を作り,その後飲み会に参加しているので,毎晩帰宅が深夜1時を過ぎ,就寝は2時半前後となるため,さすがに疲れと睡眠不足がピークを迎えているようだ。

平日は仕事がめちゃくちゃ忙しいため,さすがに朝からへとへとで,ゆっくり休みたい気分である。

ソフトボールもさることながら,夏祭りの資料作成は神社の畳の上の作業になることから,持病のヘルニアによる腰痛がかなり悪化してしまうのが本当に悩みの種である。

そして,一つ年を重ねるたびに,だんだん自分の腰痛の度合いがひどくなっていることを感じている。

今は右肩を治すことを第一優先に考えているが,もし肩の調子が良くなってきたら,また腰痛治療に戻らなくてはならないだろう。

毎年のことではあるが,本当につらい痛みである。

ソフトボールの試合で痛めた足首は痛みがまだとれず,湿布を張って様子見したりしているが,なかなか治らないというのも,本当に情けない限りである…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労の蓄積か

新年度が始まって,気がつけば早くも2ヶ月足らずである。

少しずつ新しい仕事に慣れてきたものの,当初の予想どおり仕事量と比較するとスタッフが少な過ぎて,セクション全体がオーバーフローしているのが現状と言わざるを得ない。

小生自身についても,1週間の平日に本来しなければならないマネージャーとしての仕事をする時間が全く確保できておらず,マネージャーとしての仕事は,毎週の休日出勤で何とかこなしているという情けない状況である。

今年度は,しばらくこの状況が続くのだろうと思っているわけだが,問題はこのところ疲労が蓄積しているせいか,体調がどうも思わしくない状態へと向かっていることである。

もともと持病の胃腸の調子がつくづく良くないと感じていることもあるのだが,特に朝晩は体がしんどいと感じることが多い。
これが年のせいで,ただの疲労の蓄積ならばいいのだが,しばらくかかりつけの医者にも通えていない状況であり,本当にどうしたものだろうか。

右肩の状態がまだまだ回復までは至っておらず,夜間に熟睡ができないことも疲労を加速しているような気がしているが,これはまだしばらくの間どうしようもない。

今日も休日出勤だが,何とか一日頑張ろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5ヶ月ぶりのランニング

天候に恵まれて,気持ちのいい大型連休である。

年度当初の予想どおり,今年度は仕事が忙しくなり,なかなか思うように休めない状況が続いている。

そんな中で大型連休の後半を迎えたが,ふと気がつけば,「茨木神社の夏祭り」が既に約2ヶ月後に迫っているのである。

例年であれば,4月から体力づくりを始めているので,既にスタートが遅れているのだが,それにも増して,今年は5ヶ月も体を動かしていないということだけでなく,右肩が思うように動かないため,全然夏祭りに出場できるような体調に達していないのである。

あと1ヶ月も経てば,夏祭りの出欠を確定させなければならない時期が来るので,小生自身が夏祭りに出場するのかしないのかを判断する必要があるのだ。
今の状態が改善しないようであれば,これまでの経験から言って,とても出場する自信はない。

そんな状況の中で,今週初めの診察で,主治医から「そろそろ体を動かしてもいい」と言われたので,5ヶ月間完全になまってしまった体を少しずつでも鍛えて,体力づくりをしていきたいと思う。

そして早速,昨日の午後,久しぶりのランニングに出かけた。
けして無理をせずに,本当にゆっくりとしたスピードで,3㎞ほどの距離を半時間かけて走った。

違和感のある右肩を抱えながらも,ようやくここまで回復してきたのかと,走りながら何とも言えない感慨を覚えた。

普通に運動できるようになるまでには,まだ相当な時間がかかりそうであるし,現状からすると,果たしてボールを投げられるように改善するのかどうかさえ,全くままならない状態であるが,とりあえず走れるようになったのである。

小生としては,このままリハビリを続けて,少しずつでも状態が改善してくれればと願わずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)