コミュニティ

バルフェスタいばらき2015

今年もいばらきバルフェスタ協会の主催で,第4回「バルフェスタいばらき2015」が11月20日(金)から3日間にわたって開催された。

第1回「バルフェスタいばらき2012」以来,久しぶりに家内と2人で出かけてきた。

最初の頃に比べると,お店の数がかなり増えて,飲食店(飲食バル)以外にも,カフェバル,お土産バル,癒しバルと,内容も充実しているようである。

参加店舗は,JR茨木駅周辺が37店舗,阪急茨木市駅周辺が82店舗となっていたが,結局JR周辺の3店舗を楽しんだ。

中 Atalu」は,壮年ソフトボールの仲間がやっているお店なので,しょっちゅう訪れるお店だが,他の2店もお得感満載のうえ,おいしかったので,とても満足!

家内の感想も「また行ってみたい」であった。

 ★ひろきや

 ★ハポロコ

 ★中 Atalu (Facebookはこちら

Bar_festa_ibaraki_2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルフェスタいばらき2013

今年もいばらきバルフェスタ協会の主催で,第2回「バルフェスタいばらき」2013が11月23日(土)と24日(日)の2日間にわたって開催されるようだ。

昨年の秋に「バルフェスタいばらき2012」が開催された折には,家内と2人で出かけたが,お店も内容もまずますだったので,今年も楽しみである。

ホームページを見ると,このバルは

 「JR茨木駅から阪急茨木市駅の周辺,及び両駅を繋ぐエリアにある飲食店を中心に,街も人も元気になるようなイベントの実現

 「いばらきを代表するような食欲の秋をテーマとした大型イベントの定着化

をめざすことが目的となっている。

両駅をつなぐエリア,つまり中心市街地を意識したイベントとして位置づけているようだ。

参加店舗は,JR茨木駅周辺が34店舗,66店舗となっている。
比率は1:2という感じだが,小生のイメージとしてはだいたい規模に比例しているように思う。

詳しくは,バルフェスタいばらき2013まで。

★バルフェスタいばらき
 http://barfestaibaraki.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回茨コン

茨コンホームページによると,「第4回茨コンin JR茨木」が11月17日(日)に開催されるとのことである。

Ibakon20131117_2

ちょうど半年ぶりの開催になるようだが,時間帯は17時30分~20時30分,JR茨木駅周辺の約40店舗のお店が対象となっている。
今回のキャッチフレーズは「JR茨木駅男性350×女性350街コンイベント」となっており,料金は男性6,000円,女性4,500円。

ただ,お店の一覧では,小生の通勤途中の春日商店街及びJR茨木駅前商店街のわずか21店だけが掲載されており,果たして700名もの参加者を吸収できるのか,かなり心配であるが…。

これまでの開催をみると,1回目はJR茨木駅周辺,2回目は阪急茨木市駅周辺,3回目はJR茨木駅周辺での開催で,もともと阪急茨木市駅前のほうが規模が大きいと思うのだが,今回もJR駅前での開催である。
JR駅前のほうが広域的な集客が図れるということだろうか。

開催時間帯が短い割には,やはり少し金額的に高いのではないかという気がするが,継続的に開催していることを考えれば,それなりに定着してきたということなのかもしれない。

いずれにしても,地域が活性化し,参加者が楽しいイベントになることを期待したい。

★第4回茨コンの情報は,こちらから。
 http://ibakon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回茨コン

5月26日(日)の夜に「第3回茨コン」が開催されるとのことである。

Photo

1回目はJR茨木駅周辺,2回目は阪急茨木市駅周辺での開催だったが,今回は「男女250対250合計500名の街コン開催!」というキャッチフレーズになっている。

募集人数が以前に比べて少なくなっていることも気になるが,今回は飲食できる時間帯も17:30~20:30とずいぶん短くなっていることは気になる。

参加費は6,000円(男性/当日)と,これまでと同じであることを考えると,かなり一生懸命にお店を回らないと,なかなか元は取れないだろうと思われる。

主催者側とすれば,気に入った人が見つかれば,あとは20:30以降に自分たちで気に入ったお店に行ってくれということなのだろう。
あるいは,協力店舗に配慮したのかもしれない。

いずれにしても,既に「茨コン」をきっかけにした結婚カップルも誕生したとのことなので,一応イベントとしては定着したというところか。

★第3回茨コンの情報は,こちらから。
 http://ibakon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バルフェスタいばらき2012」を回る

一昨日と昨日の「バルフェスタいばらき2012」では,2日間で予定どおり5軒の店を回ってきた。

昨日は風邪を引いて微熱があったため,今ひとつの体調ではあったが,お店の選択は悪くなく,どの料理もまずまずだったと思う。

Img_0070400s_2

Img_0075400sワイン&鉄板ビストロ nobu's

Img_0079400s

Img_0077400sアジアの旅と味 Dejavu

Img_0081400s

Img_0080400s_2炭火七輪と海鮮居酒屋 おいでや

Img_0084400s笹寿司

今までいったことのないお店ばかりだったが,新しい発見の2日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バルフェスタいばらき2012」が始まる

今日と明日の2日間,JR茨木駅周辺及び阪急茨木市駅周辺を中心に,「バルフェスタいばらき2012」が開催されるので,WEBで前売りチケットを予約して,早速家内と2人で昼食に行ってきた。

1日目の昼食に選んだのは「すし割烹 桂」という寿司屋であるが,結構若い人で流行っていた。

内容もまずまずではないかと思った。

Img_0065400s

Img_0067400s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルフェスタいばらき2012

来る11月23日と24日の2日間,茨木商工会議所主催で「バルフェスタいばらき2012 」が開催されるようだ。

先日,阪急茨木市駅近くの飲食店で前売りチケットを販売しているのを見たが,WEBによれば,阪急駅前周辺だけでなくJR駅前周辺や小生の家のすぐ近くの店も参加店舗になっているようだ。

当日券もあるようなので,もし時間があれば参加してみたいものだ。

バルといい,街コンといい,とにかく大流行のようだ。

★バルフェスタいばらき2012 http://barfestaibaraki.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも「茨コン」で成果が…!?

これまた,久しぶりに「茨コン」に関するニュースである。

つい先日9月30日(日),台風が襲来した日に「第2回茨コン」が開催され,今回も盛況だったようだ。

それはいいとして,茨コン実行委員会の公式情報として,「第1回茨コン開催からまだ1年もたっておりませんが,2組の結婚報告が入っております」との発表があった。

第1回茨コンに参加した小生としては,正直なところ驚きを隠せないが,「まちコン」の効果を改めて感じた次第である。ホントにすごい!

そんなに遠くないうちに,「第3回茨コン」が開催されることだろう。

★茨コン実行委員会 http://ibakon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋「たじま」の閉店

小生の行きつけにしていた居酒屋「たじま」が今日4月30日限りで閉店することになった。

ソフトボールメンバーの憩いの場であったことはもちろん,小生にとっては特に去年1年間は実にしんどかった仕事と大学院生活の掛け持ちによるストレスを和らげてくれるありがたいお店であった。

自宅から近かったので,仕事帰りに立ち寄ったり,行きたくなったらフッと行ける気軽さがあり,何よりもお店のマスターTさんやMさんとの会話,そしてお店の常連さんとの会話がとても楽しかった。

小生にとってはそんなお店だっただけに,本当に寂しい思いでいっぱいである。
たじまがなくなったら,これからどうしたらいいのかと路頭に迷ってしまうだろう。

そんなこともあって,先週から通い詰めの毎日であったが,今夜はいよいよ最後である。
感謝の気持ちを込めて,今夜はTさんや仲間と語り合いたい。

Dscn3855s 

Dscn3852s
 

Dscn3857s 

Dscn3854s_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨コンの夜

先の2月26日は第1回茨コンが開催された。

春日商店街などは人であふれて,どの店も「満席」表示。人気店は行列ができていた。

茨コンの本来の目的は「婚活」だったはずだが,蓋を開けてみると「おいしい食べ物屋巡り」だったように感じた。
街行く人を見ていると,もちろん若い世代が圧倒的に多かったが,特に女性の2人連れはおいしいものを食べに来ましたっていう感じに見えた。
というのも,小生たちが途中で会った女性は,大津市,京都市,大阪市,東大阪市など比較的遠方からが多く,市内在住者など一人もいなかったからである。
実際,茨木駅に降りたのは初めてという声も多く,そういう意味でも(特に女性は)婚活でパートナーを探しにきている人々もいたのだろうが,良くて友達探しってところだったのではないだろうか。
もともと街コンというのは,街の活性化も一つの大きな目的であることを考えると,それで良いように思った。

茨コン事務局によれば,申込者1,060名(うち欠席24名)で全席数1,084ということだが,人数の割に席数が少なすぎて,後半はどの店も満員で入れず,参加費5,000円の元を取れなかった人も結構いたのではないかと思う。
我々地元民でさえ,せいぜい6軒程度がいいところだろう。

それから,料理については,お店によって出す料理が全然違い,案内チラシでは店の看板料理となっていたが,ちゃんと普通にお客に出している料理を出してくれる店もあれば,いかにも茨コン用に用意したしょーもないインスタント料理を出す店や,紙皿や紙コップでお酒を出す店もありで,対応がさまざま分かれていた。
もちろん,後者の店にはもう二度と行くことはないだろうと思うが,地元民相手に評判を落とすと,結果的には後々に響くのではないだろうかと思うと残念な気もした。

しかし,個人的に総括すれば,商店街は普段は賑わったことのないくらいの若者であふれたし,普段来たことのない客層が来てくれたお店はメリットがあっただろうと思うので,課題はいろいろとあれど,いいイベントになったのではないだろうかと思う。

ともかく,心配した大きなトラブルもなく,茨コンの一夜は無事に終わった。 

なお,その前日に行われた「たかつきバル」も大成功だったようで,次の開催が楽しみだという声を聞いた。

次は,3月9日から11日に「神戸バル」が開催されるようなので,神戸ファンにはたまらないイベントになるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)