昆虫・動物

久しぶりのクワガタ採集

今年の夏も暑い日が続いており,連日熱帯夜である。

そんな中,昨年と同様,幼稚園で働く家内が夏休みの預かり保育の子どもたちに虫を見せてあげたいからというので,久しぶりに茨木北部の山でクワガタ採りに行ってきた。

最近は子どもが大きくなって,昆虫採集など行かなくなったし,とにかく1年に1回のことなので,新たな採集場所がわからないため,いつも行く雑木林に出かけていった。

腕が鈍っているのか,単に運が悪かったのか,時間帯が間違っているのか,よくわからないが,結果はいずれも比較的小型のミヤマクワガタ♂2匹,コクワガタ♂3匹,ノコギリクワガタ♀1匹だった。

Miyamakuwagata01s300_2

ミヤマクワガタ♂

Miyamakuwagata02s300_3

ミヤマクワガタ♂

Kokuwagata_s300_2

コクワガタ♂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカマダラコガネのお目覚め

今年もいよいよ黄金週間(大型連休)の始まりである。
今年の大型連休は,ずっと天気もいいらしく,今日も一日暑いくらいの陽気だった。

そんな中,朝から越冬した昆虫たちの世話と,ボロボロになっていた虫小屋の修繕をした。
自転車で10分ほどのコーナン吹田青葉台店へ行って木材や部品を調達し,久しぶりの大工仕事をしたが,さすがに腰には堪えた。

修繕を終えて,虫小屋のところに据え付けに行くと,昨年の夏に息子と山梨県韮崎市で捕まえてきた「アカマダラコガネ」がジッと気の枠に止まっていたのを見つけた。
アカマダラコガネは,昨夏初めて捕まえたコガネムシだったが,カナブン類は普通秋には死んでしまうので,まさか越冬するとは知らなかった。

捕まえてきたときにはさほど気にしていなかったが,どんな生態なのかについて,少し調べてきたら,結構珍しいコガネムシらしい(アカマダラコガネのページより)。

★アカマダラコガネ
 http://mushinavi.com/navi-insect/data-kogane_akamadara.htm

★アカマダラコガネの飼育
 http://www.aa.e-mansion.com/~kitamutti/Breeding/akamadara.html

レッドデータブックに登録されている都道府県もあるそうなので,今後は気をつけなければならないが,そんな珍しい昆虫を2匹も採集・飼育できたなんて,ラッキーだったかもしれない。

2008akamadarakogane008_2 2008akamadarakogane005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クワガタの誕生ラッシュ

わが家のクワガタが季節的には少し早い「誕生ラッシュ」を迎えた。

最初に日に4匹,4匹が生まれたのを皮切りに,昨日までに7匹を加え,計4匹,11匹のコクワガタの大群となった。が圧倒的に多い理由はよくわからないが,バランスとしてはちょうどいい比率ではないかと思っている。

一昨日に,プラケースをひっくり返したところ,まだ幼虫の姿をしたクワガタが4匹見つかった。たぶん,幼虫の大きさからすると,ノコギリクワガタが2匹含まれているような感じだ。

これらクワガタたちは,息子が世話係となって,自分の机に上で飼っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くもクワガタ現れる

今年の大型連休も概ねいい天候だったが,連休後半は特に暑かった。
一昨日,昨日と夏の暑さだった。これも,地球温暖化が進行しているせいだろうか。

そんな暑さだからか,昨日(5月3日),早くもわが家のクワガタムシが羽化し始めた。コクワガタばかりであるが,4匹,4匹である。いずれも小さくて可愛らしいコクワガタだ。

クワガタの場合,カブトムシと違って幼虫は朽ち木で大きくなるため,いったい何匹のクワガタがいるのかわかっていない。
さあ何匹のクワガタが生まれてくるのか,今年も楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会った昆虫は50種類!?

   8月3日から6日まで,息子(次男)と二人で山梨県北杜市(白州町)へキャンプに行ってきた。これまでは家族4人で出かけたキャンプも,息子(長男)が中学生になって部活(野球部)が忙しく,今年は初めて二人で行ってきたのだ。

そのキャンプで出会った(捕まえたあるいは観察した)昆虫は,次のとおり50種類であった。

1.カナブン 2.アオカナブン 3.コフキコガネ 4.センチコガネ 5.ヒメコガネ 6.カブトムシ 7.ノコギリクワガタ 8.スジクワガタ 9.コクワガタ 10.ハンミョウ 11.ゴミムシ 12.ハンノアオカミキリ 13.ゴマダラカミキリ 14.キボシカミキリ 15.ミヤマカミキリ 16.ルリボシカミキリ 17.アカハナカミキリ 18.ノコギリカミキリ 19.トラカミキリ 20.オオスズメバチ 21.ヒメスズメバチ 22.クマバチ 23.クロアゲハ 24.モンシロチョウ 25.キチョウ 26.オオムラサキ 27.ミスジチョウ 28.ジャノメチョウ 29.ハグロトンボ 30.ツヤコガネ 31.オニヤンマ 32.オオシオカラトンボ 33.ナツアカネ 34.マユクテアカネ 35.ヤブキリ 36.ヒシバッタ 37.トノサマバッタ 38.ビロウドコガネ 39.ショウリョウバッタ 40.ムネアカオオアリ 41.ミンミンゼミ 42.ヒグラシ 43.アオカミキリモドキ 44.??の幼虫① 45.トカゲ(番外編) 46.カナヘビ(番外編) 47.クロオオアリ 48.クロヤマアリ 49.アミメアリ 50.??の幼虫②

 以上,すべて子どもの調査による(昆虫図鑑調べ)

実は,信州キャンプに行く前に,子どもが立てた目標が「50種類の昆虫に出会う」だったので,その目標は達成できたということになる。今回も運良く,カブトムシやクワガタ,オニヤンマなどに出会えたので,子どもにとっては大満足だったようだ。いつまで続くのかわからないが,子どもが「今年は行かない」というまでは,親子揃ってのキャンプを続けたいものである。

Pict2618sPict2684sPict2692sPict2625s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっという間に淋しくなった昆虫飼育箱

つい先日まで,特製の飼育箱がカブトムシだらけの状態だったので,虫が元気なうちにと思って,息子や家内の友人・知人にカブトムシをけっこう配った。それはそれでよかったのだが,飼育箱に残ったカブトムシ同士も毎晩喧嘩したせいだろう,急激にのカブトムシが弱ってしまい,5~6匹は★となった。生きているもほとんどは前足が動かない状態のものばかりで,かわいそうだがあと数日の命だと思われる。は土に潜っているものが多くて,生死の状況がよくわからないが,少なくとも★になったものはいないようだ。

それを見た息子が「飼育箱のせいだ」というのだが,本当に飼育箱のせいなのかどうかがよくわからない。小さな飼育箱ではかわいそうだと思って作ったものの,所詮はの数が多すぎたのだろうか。あっという間に元気がなくなってしまったので,かわいそうなことをしたなあと反省しきりだ。もっと,カブトムシのことを勉強する必要がありそうだ…。

◆生存が確認できているカブトムシ◆ 10匹(元気な:3匹程度か)/不明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のカブトムシ(7/17)

◆ 7月17日(日)のカブトムシ速報

今晩は,1匹が羽化した。もうこれが最後かもしれない。 (羽化合計49匹:26匹,23匹)

子どもの友達や家内の友人などがカブトムシをほしいと現れ,10匹以上はもらわれていったので,いったい今何匹が飼育箱のなかに生息しているのか,全然わからない状態だ。(現時点で生存個体数 不明,不明)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のカブトムシ(7/15)

◆ 7月15日(金)のカブトムシ速報

今晩は,1匹が羽化した。 (羽化合計48匹:26匹,22匹)

広い飼育箱を作ったはいいが,底に何も張っていないし,網戸でカバーしているために,結構な数のカブトムシが脱走している模様(地面に穴があいていたり,網戸に穴があいているのがその証拠だ)。

まあ,手製の飼育箱なので,その辺は仕方がないが,次男はぶーぶー文句を言っている。

(現時点で生存個体数 不明,不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のカブトムシ(7/12)

◆ 7月12日(火)のカブトムシ速報

今晩は,1匹が羽化した。 (合計47匹:26匹,21匹)

しかし,恐れていたように,広い飼育箱に移したとはいえ,数多くのカブトムシがいっしょに生存競争を繰り広げているため,早くも2匹が★になった。まだ梅雨明けもしていないというのに,ちょっとかわいそうな気がしている。やはり,適正な飼育数というのがあるのだろうな…。(現時点で生存個体数 合計45匹:24匹,21匹)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のカブトムシ(7/10)

◆ 7月10日(日)のカブトムシ速報

今日は夏祭りの練習日だった。その今晩は1匹が羽化した。 (合計46匹:26匹,20匹)

| | コメント (0) | トラックバック (0)