文化・芸術

暖冬の紅葉

この冬は暖かい。
平均気温で平年を3℃ほど上回っているという。

それもあってか,今年は紅葉の時期もかなり遅かったようだが,わが家のシンボル・ツリーであるコナラの木も,師走も後半になって,ようやく色づいた。

暖かいことは嬉しいことではあるが,あまりに季節外れの暖かさはどうなんだろうか。

Colored_leaves_0120_600

Colored_leaves_0125_600

Colored_leaves_0124_600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Quilt Bee”のファーストキルト展

小生の連れ合いは,パッチワーク教室を主宰している。その名前が“Quilt Bee”である。

パッチワークをやり出してからずいぶん経つかと思うのだが,この秋に初めて自分の教室のキルト展(パッチワーク展示会)をやることになったらしい。

多くのギャラリーが訪れてくれればいいのだが…。

■ Quilt Bee ファーストキルト展

 と き:平成21年11月13日(金)~15日(日)
     10:00~17:30(最終日は17:00まで)

 ところ:ギャラリー「つち・いろ・すみ」 
     (茨木市大手町1-20-2F ※柏木サイクル隣)

First_quilt_show2009_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒部の太陽

昨日と今日の夜,フジテレビ50周年記念番組として「黒部の太陽」が放映された。

テレビをあまり見ない小生としては,まさに偶然放送があることと知ったのだが,本当にラッキーだった。
毎年のこととはいえ,年度末を迎えて,とにかく忙しく,家にいる時間そのものがかなり少なかったので,テレビどころではなかった。

その「黒部の太陽」だが,その昔,石原裕次郎主演の映画が作られたにもかかわらず,石原さんの遺志によりほとんど映像を見ることがないままに,今日まで来たという。

偶然にも,二夜連続で見ることができた「黒部の太陽」であるが,久しぶりに大いに泣かされた。
俳優たちの演技もさることながら,自然に涙が出てくる場面があり,命をかけて社会的共通資本を築こうとした土木技術者の思いが伝わってきた。

昔の土木屋がどれだけ熱い思いで仕事に携わっていたのか,それはもう知るよしもないが,少なくとも今の我々には,それだけ真剣な仕事をすることが許されていないことだけは間違いのない事実である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)