« バルフェスタいばらき2015 | トップページ | 2015年の壮年リーグが終わる »

次期監督への悩み

年末になると,毎年のように上中条ソフトボール部の次期監督問題が話題になるのであるが,今年はいつにも増して大きな話題となってきた。

現在「監督補佐」として渦中にいる小生は,相変わらず仕事が多忙だというのに,いろいろ悩まなくてはならず,何だかしんどい。

本当に,監督を引き受けるべきなのかどうか。
小生が監督就任を躊躇する大きな理由は,けしてチームのメンバーに信頼されているわけではないということがある。
たぶん,他に適役がいないからという消極的な理由から,小生に次期監督をということなのかなと思っている。

今になって思えば,今年の正月に役員人事を決める時,なぜ小生が「監督補佐」などという中途半端な役をやることになったのだろうか。

小生は今年になって,試合で何度か監督代行をやる機会があったが,プレーをしながら監督をするのは,正直なかなか難しいと感じた。

しかし一方で,小生は監督だけをやるには,まだまだ若すぎる。
今年の試合では,監督があまり小生を使ってくれないこともあるかもしれないが,もう少しプレイヤーを続けたい気持ちが強い。

ということで,小生の他に誰か監督をやってくれる人はいないのだろうかといことになるのであるが,適任者がいないのである。
小生に比べると,よほど野球に詳しく年配の人が何人もいるのにもかかわらず…。

そんなことも踏まえての話ではあるが,もし次期監督を引き受けるとすれば,来季の目標としては,まず「チームの育成」をめざしたいと思っている。

今の監督のやり方とは正反対になると思うのだが,勝つためのソフトボールではなく,持続可能なチームをめざして,一体感のある風通しの良いチームで戦えるソフトボールをやりたい。

いわば,コミュニケーション・ソフトボールである。

|

« バルフェスタいばらき2015 | トップページ | 2015年の壮年リーグが終わる »

コメント

 深く考えすぎです!
選手兼任監督いいじゃないですか、チャレンジしましょうよ、私も、離職→上中条から西田中へ引越→再就職→西田中から郡山へ引越とこの2年間で肩痛、腰痛とどたばたの生活でしたがやっと復帰できそうです。
フルでお手伝いしますよ、どこかの球団が”超変革”とスローガンを掲げましたが上中条もその時が来たと感じました。
ぜひ次期監督を引き受けてください、信頼はされるものではなく、させるものです。
長文申し訳ありません、またお酒でも飲みながら語り合いましょう。

投稿: 年配のサボリ屋 | 2015年12月 7日 (月) 01時16分

温かいコメントをありがとうございました。
この数年の上中条ソフトボール部の活動経過を振り返ると,いろいろと考えさせられますが,今年は特に何とかしないといけないという思いが強いです。
一方,自分にそんな偉そうなことができるのかと言われると,これまた正直難しい。
結局,周囲の仲間とコミュニケーションをとりながら,進めていくしかないですね。
今週末,ソフトの件でT川さんと一杯やる予定ですので,もし良かったら顔を出してください。ぜひ語らいましょう。

投稿: 次期監督候補の男 | 2015年12月 7日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/62808324

この記事へのトラックバック一覧です: 次期監督への悩み:

« バルフェスタいばらき2015 | トップページ | 2015年の壮年リーグが終わる »