« 親友の死 | トップページ | LRTはなぜできないのか »

JR茨木駅東口駅前広場の改良工事

昨年の10月15日から,平成27年3月末までかけて(つまり1年半の工期),JR茨木駅東口駅前広場の改良工事が行われている。

★JR茨木駅東口駅前広場の改良工事を実施
  http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kensetsu/dorokotsu/menu/news/1381472948859.html

1年半もの間,「工事期間中は,周辺住民や駅利用者の皆様にはご不便,ご迷惑をおかけしますが,ご理解・ご協力をお願いします」とのことであるが,すでに約3か月が過ぎ,現場は非常に使いづらいわけであるが,工事の規模から考えても,工事中はかなり不便な状況が続く。

駅前広場の整備概要としては,駅前広場前面改修,デッキ拡張工事,エスカレーター新設(3基),エレベーター改良・新設(各1基),バス停留場設置, 一般車・タクシー乗降所設置などとなっており,完成パースを見ても,今とは見違えるような駅前に変身しそうである。

やはり,立命館大学が引っ越してくるインパクトは大きいようだ。

★JR茨木駅東口駅前広場完成イメージ
 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/48/ekimae.pdf

★立命館大学大阪茨木新キャンパス
 http://www.ritsumei.ac.jp/rs/r2020/campus/osaka_campus.html/

ただ,「東口駅前広場自転車駐車場の地上部分を廃止します」とあるように,駅前広場のスペースが使えないか,仮に使えてもかなり狭くなりそうなので,今年の夏祭りの休憩所がなくなるのではないかと心配だ。

しかし,立命館大学が来るとなると,駅前広場よりも駅本体の方がよほど心配である。
どう考えても,今の狭い改札口では約10,000人は増える利用者に対応できるはずもなく,さすがにケチな茨木市にも,まじめに考えてほしいところである。
JR茨木駅は,間違いなく茨木市の相当数の市民が使う都市施設なのだから。

★完成後の概要図:
 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/48/eki.pdf

|

« 親友の死 | トップページ | LRTはなぜできないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/58384742

この記事へのトラックバック一覧です: JR茨木駅東口駅前広場の改良工事:

« 親友の死 | トップページ | LRTはなぜできないのか »