« 久しぶりのクワガタ採集 | トップページ | 今度は右手の「ばね指」! »

祖母の他界

小生にとっては,小さい時から本当にお世話になった99歳の祖母が先週7月30日に他界した。

大正3年生まれ(寅年)の祖母である。
大正,昭和,平成という3つの時代を生きた祖母は,現代をどのような思いで過ごしたのだろうか。

小生は幼稚園時代,よく富山の祖母の実家に遊びに行き,ずっと一人で居候していたらしい。
両親もいない,特に友達もいない富山の地で,毎日一人で遊んでいたらしい。

親が茨木に連れて帰ろうと実家を訪れても,全く聞く耳を持たなかったと聞く。
幼稚園をサボって,長期間滞在していたこと自体が,今から思えばすごいことだと思うが,それほどに居心地のいい祖父母の家だったのだろう。

どうも小生には,小さい頃からサボり癖があったようだが,それにしてもきっと祖父母は初孫の小生を可愛がってくれたのだろう。

しかし,祖父が亡くなり,今回祖母が亡くなったことで,富山の実家がますます縁遠くなる。

昔は城端線も国鉄で,便数もかなり頻繁にあったが,今やJR西日本になり,1時間に1本がいいところである。
ましてや,今年度末には北陸新幹線が金沢まで開業することから,城端線は第3セクター運営となり,ますます利便性が低下するだろう。

何とも寂しい限りであるが,せめて,できるだけ機会を見つけて,祖父母のお墓参りをさせてもらおうと思う。

今回のお通夜と告別式で,久しぶりに数多くの親戚に再会することができ,本当に良かったなと思い,しかしもしかしたらこれが最後になるかもしれないと思いながら,親戚と話をし,「元気で」と告げて別れたばかりである。

最後まで,そんな多くの出会いの場を作ってくれた祖母に,また一つ感謝したいと思っている。

|

« 久しぶりのクワガタ採集 | トップページ | 今度は右手の「ばね指」! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/57928820

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の他界:

« 久しぶりのクワガタ採集 | トップページ | 今度は右手の「ばね指」! »