« これからのソフトボール | トップページ | 第3回茨コン »

過酷な新年度の予感

今日は3月31日。つまり,平成24年度の最終日である。

先日,人事異動の内示があり,小生は4月1日からこれまでの道路整備と,新たに道路保全という2つのラインが統合されてできる「道路第1課」を率いることになった。

「統合」ということで,単純にリーダーが1人減るのは仕方がないとしても,スタッフの人数も1+1=2なら問題ないのだが,現実はベテラン職員3人が減って,代わりに新規採用職員が1人配属されることになったため,これはもう非常事態と言わねばなるまい。

人数が減り,かつ若い職員ばかりで1年間やっていかなくてはならず,新しいラインの職員全員でがっちりとチームワークを組んで取り組まないと,どう考えても仕事が回りそうにない。

上司も転勤あるいは退職となったことに加え,小生自身が4月第2週目に右肩の再手術を受けることも決まったなかで,旧年度の仕事を抱えながら,新年度の仕事が軌道に乗るまでは最初の正念場となりそうである。

いきなり大ピンチであるが,気合いを入れていくしかない。よっしゃー!である。

|

« これからのソフトボール | トップページ | 第3回茨コン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/57077720

この記事へのトラックバック一覧です: 過酷な新年度の予感:

« これからのソフトボール | トップページ | 第3回茨コン »