« コミュニティ交通のつくりかた | トップページ | 過酷な新年度の予感 »

これからのソフトボール

今回利き腕の右肩に大きなケガをして、これだけ長期間にわたって痛みに悩まされると、さがすがに今までのようなノリでソフトボールを続けることはできそうにない

思えばここ数年、毎年ケガをして試合からリタイアしているので、自分がいったい何のためにソフトボールをやっているのだろうかと、自問自答せざるを得ない。
仮に小生がチームの役に立っていたとしても、向き不向きという面からみれば、向いていないことは確かだ。 

幸いにして、チームは今シーズン3連勝と好調のようだし、まだしばらくは休んでいても特に問題はなさそうなので、4月中旬に再手術、リハビリを重ねて、もし無事に肩が動くようになれば、キャッチボールぐらいは始められたら…と思っている。

さすがにこの春の異動はないだろうが、新年度はより忙しくなりそうなので、しばらくはバタバタするだろう。

具体的にいつからボールが握れるのかさえもわからない状況であるが、いずれにしてもボチボチやっていくしかなさそうである。

 

|

« コミュニティ交通のつくりかた | トップページ | 過酷な新年度の予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/56967266

この記事へのトラックバック一覧です: これからのソフトボール:

« コミュニティ交通のつくりかた | トップページ | 過酷な新年度の予感 »