« 原因不明の腫瘍が右足に…!?(その1) | トップページ | 2010年 茨木神社の夏祭り »

原因不明の腫瘍が右足に…!?(その2)

そして,今朝起きて右足の患部をみると,昨日のような隆起はなかったものの,右足の膝から足首までの間が全体的にパンパンにふくれあがった状態になっていた。

やはりこれは一大事だと判断し,診察してもらうには総合病院がいいだろうと,高槻市にある「北摂総合病院」へ行くことにした。
休日明けの月曜日なので混雑することを覚悟して,朝一番の受付をめざして8時には家を出た。

病院の受付では,患部を見た看護師が整形外科か皮膚科か迷ったが,結局整形外科に行ってくれといわれた。
予約を取ったが,何と午後の12時半だというではないか。

一度自宅に戻り,出直してから診察が受けられたのが14時を過ぎていた。ちょっとひどすぎると思ったが,急な診察なのでしかたない。
担当医に状況を説明したところ,とりあえずレントゲンということになり,検査に行ったものの,ここでまた待たされた。
結局,レントゲンでは骨には特に異状がなかったのであるが,湿布を貼って様子見をしてくれで終わりである。
それ以上の検査も診断もないしで,原因や病名もわからず,何のために総合病院へ来たのだろうかと悔やんだ。

もちろん湿布を貼ったくらいでは状況が改善するわけもなく,症状はいっこうに良くならないため,友人のよしだのところへ行って相談すると,エコー検査で内科的疾患の可能性の有無を調べてくれた。
結局原因はよくわからないが,少なくとも静脈瘤や血管系の病気の可能性は低いとのことだったので,少し安心した。

しかし,依然として何が原因でこのように腫れたのかは,わからずじまいである。

|

« 原因不明の腫瘍が右足に…!?(その1) | トップページ | 2010年 茨木神社の夏祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40387/51351037

この記事へのトラックバック一覧です: 原因不明の腫瘍が右足に…!?(その2) :

« 原因不明の腫瘍が右足に…!?(その1) | トップページ | 2010年 茨木神社の夏祭り »